【最新情報】PS5の発売日を大調査!!2020年には発売?気になるスペックや特徴は!?

現在、主流な家庭用ゲームハードメーカーとして任天堂と肩を並べるSONYですが、

そんなSONYの家庭用ゲーム機「プレイステーション」の最新型のPS5発売の噂が!

実は現在発売されているPS4は2013年、つまり5年前に発売されており、そろそろ新型ハードが発売されるのではないかと各業界で話題なんです。

今回は現在(2018年)で最新の情報を記事にまとめたいと思います。

PS5の発売日は2020年!?

歴代プレイステーションシリーズの発売日一覧

機種 発売日
初代PlayStation 1994年12月3日
PlayStation 2 2000年3月4日
PlayStation 3 2006年11月11日
PlayStation 4 2013年11月15日
PlayStation 4 pro 2016年11月10日

 

上の表を見てわかるように、次の新型ハードが発売されるまで約6年ほどかかっているので、PS4の発売日から約6年後と考えるとおよそ2020年ということがわかります。

PS5は初代PS1からのゲームが全て遊べる!?

実は、先日重要な情報がリークされました。詳しい記事はこちら(英語のサイトになります)

その内容は、ソニーが「Remastering by emulation」という特許を取ったという情報です。

 

この特許というのは旧作ゲームをオリジナルより高解像度でプレイするリマスター技術のことを指しています。そして、この旧作ゲームというのが初代PS1からの全ハード、つまりPS1PS2PS3PS4のゲームだと指摘されているんです。なんとPS5一台で各ハードのゲームができるようになるかもしれないんです。なぜそんな技術が可能なんでしょうか。高いスペックはもちろんですが、鍵を握るのは、近未来のゲームスタイルであるクラウドゲームが挙げられます。

近未来の”クラウドゲーム”とは

クラウドゲームCloud gaming、クラウドゲーミング)とは、コンピュータゲームストリーミング配信するサービス[1]

利用者のコントローラーの操作・マイクからの音声といった情報はインターネット回線・ケーブルテレビ回線を通じて送信され、それに基づいた演算・処理・通信は全てサーバー(クラウド)上で行われ、演算結果は単なる動画・音声として利用者の元へストリーミング配信される[4]

出典元:Wikipedia

簡単に言うと、コントローラーのコマンドをサーバーに送信して、そのコマンドで動いたゲームの動画がリアルタイムで自分の画面に送信されるサービスです。実際に既にソニーはクラウドサーバーを用いてPS4などのハードでPS3やPS4のゲームをプレイできる「PlayStation Now」を推進しています。

なぜこれがRemastering by emulationの鍵になるのかというと、「PlayStation Now」というサービスは月額制サービスで契約期間は指定ゲームがやり放題なんですね。PS5からのサービスではPS1~PS4までのゲーム全てクラウドゲームとして遊べるようになるでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか?PS5の発売が待ちきれないですね!

コメント