【批判殺到?】米津玄師にマスコミが「アンナチュラル」会見で激怒!?炎上した理由は!?

現在、有名アーティスト「米津玄師」の対応、いや正確には「米津玄師の所属事務所の異例の禁止措置」を痛烈に批判したマスコミがTwitter上で波乱を呼んでいる。



会見でブーイングの嵐!?

事の発端は、10/25日に都内で行われた「東京ドラマアウォード2018」授賞式。そこで、米津は、話題になったドラマ『アンナチュラル』の主題歌「Lemon」で、主題歌賞を受賞した。

ここまでは良いのだが、米津が登壇する直前に“ある事”で取材陣がざわついた。

以下の文章は、サイゾーウーマンからの引用である。

スタッフからプリントが配布され、そこには『米津玄師さんの映像・画像の取り扱いにつきましては、事務所サイドのご意向により』として、その場で撮影した米津の写真や動画を『一切使用してはならない』と書かれていたんです。どうしても米津の写真を使いたい場合は、オフィシャルスタッフが撮影したものを、後ほど送付するということでした」(情報番組スタッフ)

<中略>
「現場は大荒れでしたよ。ジャニーズ事務所は、長らくWebメディアへの写真掲載をNGにしていましたが、テレビや新聞、雑誌と全メディアに“NG”を出したのは、芸能史上、米津が初めてでは。せっかくの取材も無駄になってしまうため、ある記者は『ビジュアルに自信がないなら出てくるな!』と、吐き捨てていたほどです」(週刊誌記者)

(引用元:サイゾーウーマン)

今や大人気アーティストとなった米津玄師が、取材陣の目の前に現れる事などめったにないので、授賞式のいわば目玉であったのである。その米津の登場を待ちわびた取材陣に突如、事務所から撮影禁止措置がとられてしまっては、会場でブーイングが巻き起きることも納得できるような気もしますが、「ビジュアルに自信がないなら出てくるな」という発言は不適切で失礼な発言のように思われます。1人のファンからすると、「米津さんはずっとこのカメラの前に立たないスタイルを貫いてきたのに、どうして今更」という感想を抱きますね。

本人も今回の炎上をTwitterで言及!?

騒動の最中、米津玄師本人が以下の様にツイートした。

し、失礼しました。。

ファンなら、くだらない記事に色々言及するよりも、明日発売の米津さんの音楽を聴いて祝ってやってほしいという事ですね。

米津さんのこの言葉に安心したファンも多いはずです。



いよいよ明日「Flamingo / TEENAGE RIOT」発売!!

初回生産分には「米津玄師 2019 ツアー / 脊椎がオパールになる頃」 先行抽選受付シリアルナンバーが封入されています!詳しい詳細はこちらの記事から!

【最新】米津玄師 2019 TOUR「脊椎がオパールになる頃」の倍率や当落結果は!?日程や応募方法!シリアルナンバーとは?
米津玄師の初の全国アリーナツアー2019が開催決定!日程や会場はもちろん、キャパや倍率まで予想!応募に必要なのはシリアルコード!?




コメント