【参加してみた】東北地方の秋の風物詩・芋煮!毎年の恒例行事!?

突然ですが、皆さんは「芋煮」という言葉を知っているでしょうか?

おそらくですが知らない人が多いと思います。なぜなら東北地方に限った郷土料理だからです。

全国的にはさほど知名度はありませんが、東北地方、特に山形と宮城では秋の風物詩としてどの家庭でも楽しまれています。

私は北海道出身なので「芋煮」の経験は一度もありませんでしたが、今年、大学進学で晴れて宮城県民となり、サークルで「芋煮会」をする機会が得られたのでご紹介します。

芋煮とは

芋煮とは一般的には、里芋をメインに肉・大根・ネギ・こんにゃく・ごぼうなどを鍋で煮込んだ具だくさんの汁。 そして、その「芋煮」を楽しむ会が「芋煮会」と呼ばれており、材料はもちろん、コンロ、鍋を持参して河川敷に集まり、みんなで芋煮を食べるというイベントです。ここでは家族はもちろん友人、職場、サークルといった色々な方々と楽しみます。

芋煮って初めて聞いたけど本当に有名なの・・・?

まずはこちらのツイートをご覧ください

芋煮の時期になるとこのような光景になります。

コンビニで薪(まき)を売っているなんて信じられないですよね・・・

ですがこのような店はコンビニだけじゃなくスーパーやホームセンターでも見られます。

仙台市民の「芋煮」に対する真剣さが伝わってきますよね。

芋煮戦争

芋煮の歴史的ルーツは山形ですが、その後他の県に伝播する上で味付けが多様化していきました。

(一般的には)

  • 山形県→牛肉を入れて醤油で調味する
  • 宮城県→大根、豚肉やジャガイモなどを仙台の味噌で調味する(イメージは豚汁)

仙台では様々な東北県の出身者がいるので一緒に芋煮をやろうとなった時に味付けで口論に。

これが芋煮戦争です。たぶんテストに出ます。

初めて実際に芋煮会に参加してみた

10月某日、快晴。芋煮の日。

予定の河川敷に向かうと石でできた竈(かまど)が・・・

 

私

このかまどは一体どうしたんですか?

友人A

さっき作っておいたよ

なんと、かまども河川敷の石で作るらしい。

そして、いざ着火!

いいかんじですね。

うちわや段ボールで扇ぎつつ煮込むことおよそ一時間ほど・・・

だんだん良い香りが・・・

完成!!!!!!!!

めちゃめちゃ美味しそうです!!いい香りが漂っています

そしてついにその時が・・・

 

山形の味付けのものを頂きましたが本当においしかったです。

豚汁のイメージで口に運んだら、牛肉だったので新鮮でした。

その後、宮城県の味付けの芋煮も頂きました。

河川敷で少し肌寒い気温の中、あったかい鍋を談笑しながら秋の味覚を頂く「芋煮会」は間違いなく「秋の風物詩」としてピッタリでしょう。

本当に貴重な経験となりました!

 

コメント